ウィリアムヒルの信頼性は?

ウィリアムヒルは詐欺? ウィリアムヒル 信頼性

「ウィリアムヒルの信頼性は高い」

 

オンラインカジノをプレイしている方であれば

ある程度このようなイメージをウィリアムヒルに持っていると思います。

 

ですが具体的に「どうしてウィリアムヒルの信頼性は高いの?」と聞かれると

言葉が詰まってしまうこともありますよね。

 

今回はウィリアムヒルがどうして信頼性が高いといわれているのか

そのポイントをまとめてみました。

 

ウィリアムヒルが安全性が高いと言われている理由

歴史が長い

ウィリアムヒル 信頼性

ウィリアムヒルは1934年創業の超老舗企業で

世界中で「ブックメーカーと言えばウィリアムヒル」とブランドはかなり認知されています。

従業員は世界中で15000人以上、母国イギリス国内での実店舗数は2,000を超えており

日本人でいうコンビニのような身近な存在と言われています。

 

Williamhillは民間の企業ではありますが

実は感覚的には日本のJRA(日本中央競馬会)やJLA(日本宝くじ協会)と似ていると思います。

長年母国イギリスを中心にスポーツベットユーザーの期待に応え

この業界をけん引してきた実績があります。

 

ロンドン証券取引所に上場

ウィリアムヒル 信頼性

ウィリアムヒルはロンドン証券取引所に上場しています。

つまり上場企業(超ホワイトな会社)によって運営がされているということになり

社会的信頼性は非常に高いです。

 

最近日本でプレイできるオンラインカジノの運営会社は

実は上場企業ではない企業によって運営されているところもけっこうあります。

 

上場しているということは、万が一顧客に詐欺行為などを働いた場合は

一瞬にして社会的な信頼が失墜し株価が暴落してライセンスをはく奪されます。

 

そもそも詐欺行為をするような経営体制では

今のような社会的な地位は築けてこなかったはずです。

 

マルタライセンスを取得

ウィリアムヒル 信頼性

 

最後はライセンスになりますが

マルタライセンス(MGA)は数あるゲーミングライセンスの中でも

最も厳しいと言われています。

 

マルタライセンスを取得するにはゲームの公平性だけがポイントではありません。

運営する企業の財務状況も厳しくチェックされ

本当にオンラインカジノを運営していける資質があるのか審査されます。

 

また一度取得したら終わりではなく、引き続き監視のもと運営がされることになるので

よほどしっかりと運営している会社でないと継続してマルタライセンスを取得するのは非常に困難です。

 

現在日本でマルタライセンスを取得しているオンラインカジノは一部で

ベラジョンカジノやインターカジノのみですが

このどちらも上場企業が運営している会社です。

 

やはり社会的に信頼されている企業が取得しているライセンスと言えるでしょう。

 

まとめ

ウィリアムヒルは以下3つの点から社会的な信頼性が非常に高いと言えます。

  • 1964年創業の老舗
  • ロンドン証券取引所に上場
  • 最も厳しいマルタライセンスを取得

ここまで安全性の高いオンラインカジノも珍しいと言えます。

 

日本ではまだまだウィリアムヒルのブランドやブックメーカーなどが普及していませんが

今後日本のオンラインカジノで確かな地位を築いていく会社の一つになるのは間違いありません。

 

コメント